美濃んちゅの酒場

岐阜を愛する若者が、様々なことを調べたり調べなかったりするブログです。ローカルネタから真面目なネタまでジャンルはゆるめです😁✨✨覗いてみてください。

明治時代の車文化

現代人の私たちの感覚からすると、明治時代に車があったというと不思議な気持ちになります。私たちが車という言葉を聞いたときに最初に想起するものといえば、今そこらじゅうを走り回っている自動車でしょう。今や「車=自動車」といえるほどに、我々の生活に自動車は欠かすことができないものになっています。

 

そもそもとは、車輪を利用して人や物を運ぶ運搬器具のことであります。当然ではありますが、自動車がここまで大衆に普及したのは戦後のことでありまして、車の歴史の中では非常に目新しいものです。自動車が登場する以前にも、そのような運搬器具はすでに使用されておりました。自動車が普及する以前の車といえば、人力であったり馬力で動かすものでありました。

 

日本において車が本格的に普及するのは明治時代といわれています。

江戸時代、車の使用が認められていたのは、江戸や京などの一部の都市部のみであり、東海道中山道といった街道での使用は原則として認められていませんでした。理由としましては、車を使うことにより道が傷んでしまうことを防ぐためともいわれています。なおこのころ利用されていた車は、大八車などの人力で荷物を運ぶいわゆる荷車でした。観光地で見られるような人を運ぶ人力車の登場は、明治時代に入ってからといわれています。

 

明治時代に入ると、車に対する規制は緩くなり、日本各地で車文化が華ひらきます。その多くは都市部から次第に地方へと波及していったのではないかと思われますが、荷車や馬車、人力車の普及には、地方によって程度や時期に差異がありました。

 

岐阜県ではどうだったのでしょうか?

明治19年の人力車と荷車、馬車の郡ごとの分布をみてみましょう。

そもそも当時の岐阜県の郡構成はどのような感じだったのでしょうか。

ざっくりとした地図でご紹介しましょう。

f:id:uyamayukimaru:20200503093906p:plain

f:id:uyamayukimaru:20200503093955p:plain

当時の岐阜県はこのような郡で分かれていました。

簡略な図なので、ところどころ細かいところが異なりますがご容赦ください。

 

人力車

人力車は明治2年(または元年)に開発されたといわれています。当時の人力車は、現在でいうタクシーのような形で使用されていたようです。現在の瑞浪市には、かつて名古屋まで人力車を使用して往復していたという資料が残っています。

そんな人力車ですが、明治中期の岐阜県での普及はどれほどのものだったのでしょうか。

f:id:uyamayukimaru:20200503094606p:plain

この地図を見ると、かなり普及していることがわかります。特に現在の西濃、岐阜地区や東濃地方でかなり普及していたようです。最も多かったのは安八郡でなんと392台確認されているようです。また最も少ないのは席田郡の4台でした。

また当時の記録として市街地(岐阜・大垣・高山)での台数も確認でき、この3つの市街地で最も人力車多かったのは、岐阜(220台)で、現在人力車を使って観光する人が多い高山は、僅か16台だったようです。

 

荷車

当時の荷車は大きさによって分類されていました。一番大きな大八車、それより小さな中車、小車といった形です。大きさによって税も変わっていたようなので、現在でいう大型車・小型車みたいな分類だったのかもしれません。

さて、当時荷車というと、上記の大八車のように人力で動かすものを指していたようです。馬や牛を使用する場合、荷馬車や荷牛車と呼んでいたようです。

f:id:uyamayukimaru:20200503100003p:plain

荷車を見ると、こちらも岐阜地区や西濃地域でかなり普及していたようです。最も多かったのは厚見郡で、1726台確認されています。最も少ないのは上石津郡36台でした。

市街地を見てみると、こちらも岐阜が一番多く、高山が一番少なかったようです。

 

馬車

当時、「馬車」というと、人を運ぶいわゆる馬車のことを指していたようです。荷物を運ぶ馬車は「荷馬車」と呼ばれ、明確に区別されていました。人力の荷車と比較しても圧倒的に運搬力が高いため、明治以降徐々に普及していきましたが、鉄道や自動車の登場により徐々に衰退したといわれています。

f:id:uyamayukimaru:20200503100716p:plain

当時の荷馬車の分布をみますと、驚くことに東濃地域にその大半が集中しており、ほかの地方でもわずかにみられる程度となっています。

当時岐阜県内に108台の荷馬車が記録されていますが、恵那郡土岐郡可児郡の東濃三郡に104台が存在しており、明治中期には実質東濃地域でしか見ることがなかったといえます。

同様に人を乗せる馬車も県内に16台記録されていますが、東濃地域に11台が存在しており、馬を利用した車は当時県内では特異な存在であったと考えられます。

 

さて、今日は歴史をテーマに明治時代に車文化が芽生え普及していたことを、これまで岐阜県を例にざっくりとご紹介してきました。もっと過年度別の比較を知りたい!普及に差がある理由を知りたい!!といった方がいらっしゃいましたら、コメントか何か頂ければ後日また記事にしようかな、と思っています。